何もやっていないという思い込み

 

以前から感じていて、いまだに感じていること。
「俺はまだ何もできていない」「何をしていこうとしているのか不明」という感覚。

先日ある人に「これからどうしていこうとされてるんですか?」と聞かれたとき、
「んんん~えーと…」といつも通りの煮え切らない受け答えしかできなかった。
そして、いまだに俺はそんな受け答えしかできなかったのか!と我ながら衝撃だった。

 

『自分がやりたいことは自分が一番知っている』とよく言われる。
でもそれってただの虚構の物語に過ぎないらしい。『ホモ・デウス』でハラリさんが言ってた。
「人間至上主義」という新しい宗教。神に代わって生み出された宗教。

 

感性と経験が大事という宗教。

 

経験を積み、感性を磨き、
その磨かれた感性によってしか得られない経験を積み、
その経験によってまた感性を磨く
というサイクル。

 

俺は感性を磨きたいと思ってきた。
去年メンターと慕っている人に「感性を磨くべき」と言われた。
けどなにをすれば感性が磨かれるのか。

 

旅行に行けばいいのか?
極上の音楽に身も心も浸せばいいのか?
あの財布にしようか、この財布にしようかと迷ったら、両方買ってしまえばいいのか?

今年はそのことについて考えて行動してきたと思う。
転職し、都内に引っ越し、バンド活動をもっと精力的にやろうとし、
お金に対するせせこましいブロックを外そうとしてバッグや財布を新調した。
その結果、前職で貯めたお金をほぼ使い切り、バンドは解散した。

 

今俺は、これから何をしようか迷っている。
現時点でやっている&やりたいことを書きだしてみる。

  • ハーフマラソン出場に向けたランニング
  • 新しい会社に順応し、売上で貢献
  • 読書

 

音楽からはいったん離れたい?
でも、自分の「独自性」を説明するのに音楽は欠かせない。
自己紹介をするとき、「音楽をやっています」「曲を作っています」と説明するのはとても簡単、
かつ効果が高い。
「へー!すごい!」と高確率で言ってもらえる。
 
 
なんだか、そのために音楽をやっている気がしてならない。

 
「なんだ、以外とやることやってるじゃん」という結論を期待して書き始めたけど、
こんなことになってしまった。
また書きだそう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です